爪を傷めない&簡単・時短♪ジェルネイルの落とし方をマスターしよう!

ジェルネイル,落とし方 セルフネイル人口が急増している昨今、ジェルネイルを楽しむ人も多いでしょう。
うるつや&持ちの良いネイルが叶いますが、綺麗な落とし方に困ってしまうことも。
無理やりジェルネイルを落としてはいませんか?

今回は、正しいジェルネイルの落とし方についてご紹介します。
自爪を守りながらジェルネイルを楽しみましょう!
ジェルネイルの落とし方について知りたい人は、参考にしてみてくださいね。

目次


簡単&時短◎自爪を守るジェルネイルの落とし方とは

ジェルネイルを落とすためには、いくつかの道具が必要です。

・爪やすり
・シャイナー
・アセトン入りのリムーバー
・コットン
・アルミホイル
・ウッドスティック

まずはこれらの道具が揃っているか確認しましょう。


ジェルネイルの表面を削る

爪やすりを使って、ジェルネイルの表面を削ります。
ジェルネイルは、ベースジェル、カラージェル、トップジェルの3層が基本。
しっかりとトップジェルとカラージェルを削り落とすことで、この後染み込ませるリムーバーの浸透が良くなります。

ただし、削り過ぎはNGです。
とくにベースジェルは透明であるため、自爪との境目がわからないことも。
気づかないまま自爪まで削ってしまうことを防ぐためにも、こまめに削り具合をチェックしましょう。

爪やすりは150〜180程度のグリッド数を選ぶことで時短が叶います◎


リムーバーが染み込んだコットンをのせる


ジェルネイルの表面を削ったら、コットンにアセトン入りのリムーバーを染み込ませます。
コットンは爪よりも大きく切ることがポイントです。
リムーバーはコットンがひたひたになるようにしっかりと染み込ませましょう。

アセトンは揮発性が高い成分です。
一つずつ染み込ませるたびに爪のうえに乗せてくださいね。
アセトンによる皮膚へのダメージが気になるときには、ピンセットを使ってコットンを扱いましょう。


アルミホイルで爪を巻く

リムーバーが染み込んだコットンを爪に乗せたら、すぐに上からアルミホイルで爪全体を巻きます。
これは、揮発を防ぎながらアセトンをジェルネイルに浸透させるため。
アセトンがアルミホイルの隙間から流れ出ないよう、しっかりと巻きましょう。

コットンを切るときにアルミホイルも切っておくとスムーズです。
アルミホイルを巻いたら、10分〜20分程度時間を置きます。
ジェルがふやけていれば次の工程に移りましょう。
指を温めるとジェルネイルがふやけやすくなり、時短になります。


ジェルネイルを落とす

十分にジェルネイルがふやけたらアルミホイルとコットンを外します。
ウッドスティックでふやけたジェルネイルを落としましょう。
優しく、力を入れずにウッドスティックを扱うことで、自爪へのダメージを軽減できます。

ジェルの種類や厚みによっては、落としにくいところがあることも。
無理やりウッドスティックで外すのではなく、もう一度リムーバーをジェルネイルに浸透させてください。


自爪を整える

ジェルネイルを落とすと、爪の表面がウロコ状にザラザラとしています。
爪やすりを使って自爪を整えましょう。
240グリッド程度の爪やすりを使って、爪に残った細かなジェルネイルを削り落とします。

爪の表面のザラつきがなくなったら、ジェルネイルも綺麗に落ちた状態です。
指先に残ったリムーバーを拭き取り、シャイナーを使って自爪を仕上げましょう。


ジェルネイルを落とすときに気をつけたいこととは


最後に、自爪を傷めないために気をつけたいことをご紹介します。
長くネイルを楽しむためには、自爪へのダメージを考えることが大切です。


決して力を入れない

ジェルネイルを落とすとき爪やすりをたくさん使います。
早く落としたいからといって、力を入れてはいけません。
気づかないうちに自爪まで削れてしまい、ダメージを与えてしまう可能性があります。

少しずつ、焦らずに削りましょう。
適切なグリッド数の爪やすりを使うことで、力を入れずに削り落とすことができますよ。


基本はアセトン入りのリムーバーを選ぶ

リムーバーにはアセトン入りのものと入っていないものがあります。

アセトンは物質を溶かす成分。
アセトンがジェルネイルに染み込むことによって、短時間でふやけて落とすことができるのです。
便利な反面、強いニオイと爪へのダメージが気になることも。

アセトンの入っていないリムーバーでジェルネイルを落とすこともできますが、綺麗に落とすためには時間がかかります。
リムーバーが肌に触れる時間が長くなるため、皮膚への負担が気になるかもしれません。
また、しっかりとジェルネイルを削る必要もあります。

人によって好みは分かれますが、簡単に短時間でジェルネイルを落としたいときにはアセトン入りのリムーバーがおすすめです。
アセトンをしっかりと拭き取る、洗い流すことで自爪へのダメージも軽減できますよ。


アフターケアを丁寧に行う

ジェルネイルを落としたあとは、アフターケアが大切です。
とくにアセトン入りのリムーバーを使ったときには、いつも以上にアフターケアを丁寧に行いましょう。

アセトンはジェルネイルをふやかすとともに、自爪の油分を奪ってしまうのです。
油分は自爪にとってバリアそのもの。
乾燥が進み、爪の悩みを引き起こしてしまいます。

ネイルオイルやクリームを使って油分を補充してあげましょう。
爪の表面だけでなくサイドや裏側も保湿することをおすすめします。


ネイルチップで楽しむ

ジェルネイルのダメージが気になる、落とすときに爪を傷めたくないというときには、ネイルチップを選ぶことも一つの方法です。
ネイルチップなら簡単につけ外しすることができます。
さらに、爪を削ったりアセトンを使ったりする必要もないためダメージレス◎

ジェルネイル,落とし方

ほわっとマット×輝きミラーの大人ニュアンスネイル
2,350円(税込)

こちらは、ふんわりとした色合いが大人上品なネイルチップです。
ミラーアートで施したニュアンスネイルがおしゃれですよね。
モヤモヤ&キラキラで指先に存在感が生まれます。

ジェルネイル,落とし方

大きめパールのピンクネイル
2,350円(税込)

こちらは、クリアベースとピンクがフェミニンなネイルチップです。
大粒のパールとローズクォーツの天然石が女性らしさを格上げします。

ネイルチップ初心者も経験者もこちらの記事で付け方・外し方をチェック▼
【保存版】ネイルチップの自然で取れない付け方外し方・サイズの測り方


ジェルネイルの落とし方をマスターしよう!

ジェルネイルの落とし方についてご紹介しました。
不安な人、自信がない人にはネイルチップがおすすめです◎
ぜひ、ネイルチップ専門店ミチネイルのネイルチップをチェックしてみてくださいね。
新着 ネイルチップ一覧はこちら
おすすめ ネイルチップはこちら
>